開業

立地調査


診療所を構える為の情報 経営体制の決定 医師会入会手続きについて

医院の外観例     医院の構想を練る一方で、もうひとつ開業の第1歩として欠かせないのが開業地のマーケティングです。開業後の十分な収入を得るカギは開業地の選定にあり、 そのためにはあらゆる角度からの立地調査が必要不可欠といえるでしょう。開業地選定のポイントには、

①人口の多い住宅地から中心地・ビジネス圏へと向かう移動線上の
  土地であるか
②駅、バス停、スーパーなどのマグネット周辺か
③分かりやすい場所、確認しやすい立地条件か
                                       ④競合医院があるか、などが挙げられます。

まずは先生の診療方針や診療対象とこれらの点をあわせて開業候補地域を絞り込んでいきます。 ある程度開業地域が絞れてきた段階でさらに来院圏を設定 (「半径00m圏内」といった具合)し、受療率を割り出して診療収入シュミレーションを行ないます。こうした作業を経ることにより最終的な開業予定地決定を促していきます。
参考までに、過去の開業分布図(日本全国版)は以下の通りです。

年次 歯科医師 診療所
昭和30年 31109人 24777軒
昭和40年 35558人 28602軒
昭和50年 43586人 32565軒
昭和55年 53602人 38834軒
昭和59年 63145人 43926軒
平成2年 74028人 52216軒
平成7年 83500人 60100軒
平成12年 90857人 63022軒
平成16年 95197人 66557軒


※尚、掲載している写真は本文とは関係ありません。

病院経営
       先生からの声 |  売上倍増計画 |  スタッフ教育 |  広告宣伝 |  開業 |  防犯 |
トップページへ
copyright(c) doctor.com All Rights Reserved